ベネシード社オリジナル原料

世界各地から集めた原料の中から、株式会社ベネシードが研究・開発した6種類のオリジナル原料をご紹介します。

  •  
  •  

酪農大国オーストラリアの広大な牧場で、のびのびとストレスなく育てられた牛の生乳から抽出したラクトフェリンに、複数の乳成分濃縮物を配合した「LacFX(ラックエフエックス)」。
ラクトフェリンは、哺乳動物の乳に含まれる「たんぱく質」の一種で、鉄分と結合しやすい性質があることから「ラクト(乳)フェリン(鉄)」と名付けられました。出産直後の母親の初乳にも多く含まれることでも知られ、生まれたばかりの赤ちゃんの健康を守るといわれています。その優れた働きは、特定の年齢に限らず、日々快調に過ごしたい方、美容を心がける方、キレイにダイエットをしたい方など、お子様からお年寄りまで幅広い層の健康をサポートします。
「LacFX(ラックエフエックス)」は、生乳10kgから約1gしか製造できない貴重なラクトフェリンをさらにすばらしいものにしたいという想いから、オーストラリアにある世界有数の乳業メーカー「マレー・ゴールバン酪農協同株式会社」と研究・開発した、ベネシード社だけのスーパーラクトフェリンです。

  •  
  •  

ニュージーランド産の高品質カシス「ベンナード種」のみから抽出したカシスアントシアニン含有率30%のカシスエキス「CAM30(カム30)」。
カシスは、紫外線や外敵から身を守るため、ポリフェノールの一種であるアントシアニンを生成します。ニュージーランドの夏は紫外線が非常に強く、冬の寒さが厳しいため、カシス栽培に最適な条件を備えています。
ベンナード種は、カシスのなかでも世界でトップクラスのアントシアニン含有量を誇ります。このカシスから抽出されたエキスは、若々しさを保ちたい方、細かい文字を日々読む方などの毎日をサポートします。
「CAM30(カム30)」は、ニュージーランドの専用契約農場にて、殺虫剤を一切使わず、海藻、フィッシュオイル、柳のチップなどの有機肥料を使用する「スプレーフリー農法」で育てたカシスのみを使用しており、食品の安全性、地域環境にもこだわったオリジナル原料です。

  •  
  •  

本場メキシコ産のマリーゴールドのみを使用し、世界で初めて※超薄膜コーディングを施した、ルテインエステル含有率80%のオリジナル原料「LEC80(レック80)」。
ルテインエステルは、カロテノイド(天然に存在する色素)の一種で、ホウレンソウやブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれる成分です。体内で主要なカロテノイドのひとつとして存在するルテインは、紫外線を浴びたり、加齢や喫煙などで失われてしまいます。体内で生成できない成分のため、すっきりクリアな毎日を過ごしたい方に、良質で吸収しやすいルテインエステルを摂取することをおすすめします。
「LEC80(レック80)」に使用しているルテインエステルは、広大なメキシコ中央高原地帯・バビオ地区で栽培されたマリーゴールドの花びら10kgから約10gしか抽出できません。光や熱に弱いルテインエステルの性質を超薄膜コーディングを施すことで解消し、安定性を高めた特別な原料です。

※2007年10月 インダストリアル・オーガニカ社調べ

アミノ酸、ビタミン、ミネラルなど、豊富な美容成分が含まれるカボチャの胎座から抽出した、植物プラセンタ「KABOPLA25(カボプラ25)」。
プラセンタとは、本来動物がもつ「胎盤」を意味しますが、動物の「胎盤」に相当する植物の「胎座」から抽出したエキスは「植物プラセンタ」と呼ばれています。「胎座」は、種子の成長過程で養分が集中する部位で、美容と健康に欠かせない成分が豊富に含まれます。また、大豆イソフラボンに代表される「エストロゲン様作用」もあり、ホルモンバランスの気になる方や、美しくハツラツとした毎日を送りたい方をサポートします。
「KABOPLA25(カボプラ25)」は、国内産「金糸瓜(きんしうり)」のみを使用し、製造から出荷まですべて国内工場で行っています。動物プラセンタと異なり、残留ホルモンや病原体汚染の心配がないといわれており、日々安心して摂取していただけるオリジナル原料です。

コーカサス地方カスピ海周辺で、何百年も前から大切に育まれてきたケフィア菌種を日本に運び、独自の発酵技術で誕生した乳酸菌GK(ゴールデンケフィア)株から生まれた「LGK-25(エルジーケイ25)」。
乳酸菌発酵生産物はヨーグルトがよく知られていますが、ヨーグルトが1〜2種類の乳酸菌だけで単独発酵するのに対し、LGK-25のケフィアは複数の乳酸菌に加え複数の酵母で共生発酵します。そのためケフィアには、ヨーグルトにはない様々な有用性が認められています。わたしたちの腸内には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌に大別される100種類以上、100兆個もの細菌が生息するといわれています。ケフィアは善玉菌との相性がよく、身体環境を整え、活力を与えます。
「LGK-25(エルジーケイ25)」は、鑑定の結果、約13,000種類以上の菌の登録※がある中、どれとも一致しないベネシードだけの完全なオリジナル菌から生まれた原料です。

※独立行政法人産業技術総合研究所特許生物寄託センター2014年5月現在

国内で飼育された健康な豚のレバーを使用し、原料の製造から出荷までをすべて国内で行っている安全性の高い肝臓加水分解物「H3-25(エイチキューブ25)」。
「H3-25(エイチキューブ25)」は、本来は医薬品の原料として使用される「肝臓加水分解物」を、大手製薬メーカーとのタイアップによって健康食品に利用できるように改良したオリジナル原料です。体内で生成できない必須アミノ酸9種類を含む18種類のアミノ酸をはじめ、ビタミン、鉄分などのミネラルも含まれています。
「肝臓加水分解物」は、医薬品原料としても使用されています。アミノ酸やペプチドを多く含み、肝臓の働きを助け、食べ物から吸収した栄養素の「代謝」や体内に入ってきた有害物質の「解毒」を促進するといわれていて、さらにたんぱく質の原料となるアミノ酸と、たんぱく質の合成に必要な核酸も含まれており、食生活が不規則な方、夜の宴席が多い方の健康補助に適しています。また、最近では、女性の美容にもよいと注目されています。